~教育ローンに関する情報をお知らせ~

教育ローンを知るサイト

適切な教育の機会と教育支援資金

所得が少ない場合、どうしても色々な制約がある場合が少なくありません。 勿論節約する事が出来る物、カットしても困らないような物であればそれを削減すれば良いのですが、子どもの教育に関してはそういう事は言えないでしょう。 そこで、所得の少ない世帯に対してその世帯の生活の安定と経済的な自立を目的として、資金の貸付を行う制度があります。 それを教育支援資金と呼ぶのです。 ただ、この制度に関してはいくつか注意点があるのを知っておきましょう。 まず一つは、資金の貸付は行われますが、決してそれは生活費を貸してくれるというわけではないという事です。 またある程度の収入がある人の場合は、その制度を利用する事は出来ません。 借入が出来たとしても、返済期限を守らないと年利10.75%が掛かってくるようになります。 従って、利用できると決まったとしても適当に使うのではなく、しっかりと返済する様にしましょう。 ちなみにこの教育支援資金ですが、高校進学や大学進学の時などに使うことができます。 ただ今まで払ってきた学費等に対して使うことは出来ないので注意しましょう。 あくまでもこの制度はこれからの事を考えたもの、そういう感じで理解しておくのが重要です。 従って、所得が少なくて進学を断念せざるを得ないという場合は、まずは教育支援基金を受ける事が出来るかどうかを相談するようにしましょう。 3万借りるくらいであれば他の方法も考えられますが、学費くらい大きめな金額になるときちんと教育支援資金などを借りると良いですね。 もし給付が認められた場合、他のローン等に比べると非常に低金利で教育資金を借りる事が出来ます。

(c) mount-g.com All Rights Reserved.